メニュー

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは、睡眠中に呼吸が十分になされないイベントが頻回に起こることで、睡眠の質が低下したり、低酸素状態や交感神経活動の過剰興奮を引き起こす症候群です。前者は日中の眠気や熟眠感の低下などを、後者は長年続くと高血圧、心筋梗塞、糖尿病などにつながることが知られています。舌の根元が落ち込むことで生じる閉塞性無呼吸症候群が主ですが、脳の疾患などによる中枢性無呼吸症候群というものもあります。自覚症状があまり目立たなくても、配偶者などからいびきや無呼吸を指摘されて初めて疑われる場合もよくあります。
日中眠そうな太った中年男性というイメージをよく抱かれますが、自覚症状がなかったりやせている方で生じていることも少なくなく、閉経後の女性で増えることも知られています。自覚症状が乏しくても様々な病気を引き起こすため、疑われればまず検査を受けられることをおすすめします。ただいびきと眠気があっても、夜更かしなどのスリープヘルスの問題が原因であったりすることもあるため、診断には生活全体をきちんと確認する必要があります。

日常生活への影響

睡眠時間不足が続くと、徹夜したのと同じ程度の学習効果しか得られなくなるのに眠気は横ばいになるという有名な論文があります。知らない間にパフォーマンスが低下しているため注意です。

長期的な予後

SASは、高血圧、糖尿病、心筋梗塞、脳卒中などを発症するリスクがあり、重度になると突然死のリスクを大きく増加させますが、持続陽圧呼吸装置(CPAP)を使用すると健康な方と同程度までそのリスクを下げることができます。認知症にも1.7倍なりやすいとするデータもあります。

診断方法

当院では、SASの可能性を疑う方には簡易型呼吸モニタ検査を行います。簡便な装置で自宅で装着して検査することができます。更に詳しいPSG(Polysomnography)が必要な場合は、現在は広島日赤病院へ依頼していますが、体制が整い次第、院内で装着後に自宅での検査を可能にする方針です。

治療について

検査結果に応じて、CPAP装置を使った治療や、マウスピース、体位変換法(横向き寝)などの治療を行っていきます。治療によって状態がどう変わったかをCPAP装置のデータやパルスオキシメトリ(下図)などをみてフォローアップしていきます。関西電力病院での経験から、どういう方にどの会社のCPAP機器が適切か、どのようなマスクが合うかを存じており、複数の機器の中から選んで適宜調整してまいります。

SAS診療は、日中だけでなく火曜と木曜の夜間(18時~19時30分)も受診して頂けます。ただし夜間に受診される場合はCLINICSアプリに登録して頂いた上で、アプリからの前日までの予約及びカード決済になりますのでご注意ください。日中忙しい方にご利用いただければ幸いです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME