メニュー

院長ブログ

Rediscover Hiroshima#2(2021.05.04更新)

今週も湯来町にやって参りました。

今回は田植えです。

前日は本来は5月2日が田植え日でしたが、私が当直のお手伝いをしている日にあたってしまっており

また天候も悪かったので、3日に変えてもらいました。

湯来町は標高がデルタに比べ高く、気温が5度は低いそうで、

2日に田植えをされたご家族はさぞ大変だったことでしょう。ご苦労様でした・・・。

 

諸事情あり私が運転しないといけなくなったので、当直明けにいったん逆方向の自宅に帰って、車で現地へ。

夜中にリズミカルな謎の物音がして目が覚めたりして(あれは何だったんだろう?)

睡眠時間不足気味でしたが、明るい日差しをあびて眠気はありませんでした。

やはり朝に太陽の光を浴びるのは大事ですね。

 

1回行ったはずなのに途中で自信がなくなるくらいの細い道を通り抜け

他のご家族さんとは遅れて到着。

水は思ったより冷たかったですが、作業をはじめた時間に比べると随分暖かくなったようでした(遅れて恐縮・・・)。

田んぼの深さは大人にとっては膝下ですが、子供たちにとっては深く

「おぼれる~」などと言いながら泥だらけでがんばっていました。

土があるところとあまりないところがあり、ないところは土を寄せないとうまく苗を植えられません。

出来映えはこちら。

 

苗の列が多少曲がっているのはご愛敬。

ただ等間隔でないと草取りの時に大変になるそうで、この後地元の方が修正をされていました。

感謝。

毎日頂いているお米ですが、人々の協力や知恵があって初めてできるのだなぁとあらためて感じました。

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME