認知症は2012年に全国で462万人(65歳以上の方の約15%)、2025年には全国で675730万人に増加すると推計されている、数の多い疾患です。以前は脳梗塞などが原因でおきる脳血管性認知症の割合が高かったのですが、現在はアルツハイマー型認知症が最多となっています。

認知症と一口にいいましても原因となる疾患は様々であり、まずは正確な診断を受けることが必要です。たとえば甲状腺機能低下症で認知機能低下をおこしている場合は、まず甲状腺の治療が必要となります。症状も、記憶力低下が主体のアルツハイマー型認知症から、動作に問題がでる疾患(レビー小体型認知症や大脳皮質基底核症候群など)、言葉がでなくなる失語症まで各疾患で特徴があります。

また、認知機能そのものの症状に加えていわゆる周辺症状と言われる、不安や興奮、徘徊、うつ、意欲の低下、妄想などもみられることがあり、本人だけでなくご家族の負担にもなるためこれらの対応の方が主体となることもあります。

 

具体的な診断手順としては、まずいつからどうなったかの病歴聴取を行わせていただきます。基本的に認知症は慢性の経過ですが、急に進んできた場合は脳血管障害や、電解質、薬物の影響などが隠れている場合があります。慢性硬膜下血腫という脳と硬膜の間に徐々に血液が溜まり脳を圧迫していく疾患があり、1-2か月の経過で物忘れが進行してきた患者さんの原因として度々経験してきました。よく診察してみると軽度の麻痺が隠れていたりして疑うきっかけになったこともあります。

次に認知機能のスクリーニング評価を行い、どの機能が障害されているかを調べます。点数だけで評価せず、どこがどう間違ったか、また検査を受けられているご様子など点数に反映されないところもチェックしていきます。その他、パーキンソン症状がないかなど神経診察を行い、必要な場合は採血、心電図、脳波検査も予定します。頭部MRIなどの画像検査は近隣の検査センターにご紹介いたします。

 

治療は診断結果に基づき決定いたしますが、認知症そのものの治療に加え、前述のように周辺症状への対応が必要となる場合があります。薬を処方する場合は、特に高齢者の方には原則として少量を心がけ、更に生活状況を考慮しながら内服回数や貼付剤選択など処方内容を決めていきます。認知症の一歩手前の軽度認知障害と診断された場合、もし高血圧、糖尿病、脂質異常症などを合併していればこれらの治療が予防となるため、内科的治療も重要になってきます。

 

以後適宜代表的な認知症についての解説を追加して参ります。

 

*認知症とてんかん

アルツハイマー型認知症では、発症3.6年の時点でてんかんの発症リスクが1.85倍に高くなることが報告されています。てんかん発作は痙攣がめだたず、ぼーとする発作が主体なため、本人や家族も気づかないことがあります。そのためてんかんを合併していないかに注意しておく必要があり、疑った場合は脳波検査を行います。